SONG is LOVE

あなたの側で
私は何を見つけただろう
その答えが分かるのは、ずっと先なのかもしれない
永遠に分からないのかもしれない


(↑ここの詞は不定期に更新しています。)


ここには管理人が中学の頃から書きためていた詞が置いてあります。詩ではなくて詞。歌の。
ですから、原則としてAメロ・Bメロ・サビという構成になっており、一番・二番の文字数もできるだけ同じにしてあります。
誇張表現・フィクションが多少なりとも含まれているので、ここを見ただけで管理人の人間性を疑うのはやめましょう(笑)。
なお、詞に対する作曲は、一切募集しておりません。


タイトル 制作年・月 MEMO
歩き始めたStory 96.02 かなり前に書いたものもあるため、解説は省略させていただきます。今見てみると、ずいぶん荒削りですね…。
実のところ、この期間中に制作したものは他にもまだあるのですが、あまりに恥ずかしくてお見せできません…。(ここに置いてあるのでも充分恥ずかしい)
北風のラブソング 97.01
Bird 97.07
On EARTH 97.08
Dusty Heaven 97.08
枯れ葉の詩(うた)
―冬が来る前に―
97.11 当時サッカーが好きで、よく練習を見に行っていました。これは、その時のことを書いたものです。(分かりにくくてスミマセン…)
Final Performance 98.08 認められたいのに、認められない。だから、もう望まない。
精神的に病んでいる時だったので、少し危ない感じになってしまいました。
翼よ 98.11 某サッカーチームの吸収合併に反対するサポーター達の姿を見て。
別にここのファンというわけではなかったのですが、大好きなチームがなくなるというのは、きっとすごくつらいことなんですよね。
What is happy. 01.08 長い休止期間後の、復帰第一弾(制作年・月参照)。
その間に考えていたことを、そのまま詞にしました。
History 01.08 あなたに出会えて、見えてきたこと。あなたが教えてくれたこと。
本当に、大好きでした。
PEACE! 01.09 アメリカのテロ事件の後、一気に書き上げました。つらい時だからこそ明るく、そして戦争や兵器といったものを茶化すといった意味でこのような口調にしました。
Gloria 01.09 ファンタジーですね。ハマっているゲーム、ドラクエIIIの世界をイメージして書きました。
current 01.10 久しぶりに高校に顔を出したら、知っている先生も少なくなり、部活もすっかり世代交代していました。変わりゆくものへの懐古・憂愁…そんな気持ちを表現したくて書きました。
SHAKE 02.01 「スポーツをやっている人を応援する詞を書きたい!」と思い立って作ったのがコレ。
分かる人には分かってしまうだろう…。
Dear… 02.02 大好きな友達の就職祝いに送らせてもらったものです。
本当におめでとう。そして、これからも仲良くしてね。
wish 02.02 「SHAKE」の続編…というか同じテーマで。
前作より、ちょっとしっとりした感じにしました。
栄冠は君に 02.05 さらにもう一作、完結編(?)。結局、三部作に。
三作中、いちばん重い感じですね。
Life goes on... 02.09 久しぶりに夜の海を見ました。
今なら言える、自信を持って。
Rosary 02.11 哀しいほどに一途で、純粋なもの。
ただ一つ、誰にも負けないもの。
POWER OF WORDS 03.01 1万ヒット記念にサイト名と同じタイトルで書いてみました。
モノ書きとしての決意表明のようなもの。
Rosary II 03.03 弟の軽音部バンドに提供させていただいた詞です。男性視点でということで、「Rosary」と対になる感じで書かせてもらいました。
※バンドには「Rosary」というタイトルで提出しています。
FAITH 03.06 自分の生き方は、自分で決める。
あなた達に私の何が分かるというの。
Mission 04.06 私は、なんのためにここにいるんだろう。
仕事が嫌でしょうがなかったときに書きました。職場関係者は見ないほうがいいと思います、いろいろ危険なので…。
destine 04.11 このページの上にある不定期更新の詞を集めて作りました。
この半年、本当に苦しかった。そしてたぶん、強くなった。
自分への応援歌です。
Alone 07.03 感謝と、尊敬と、思慕と…。今、伝えたい言葉。
SHIP 09.08 職場独自の制度により、期間限定で派遣状態になっています。そのきっかけ、そして今を、転属先のイメージで書いてみました。テーマは「希望」です。
“E” 09.10 それでも意味はあったのでしょう。
ここに立つのは、あの日々があった証なのでしょう。
History II 10.02 「History」(01.08)のアンサーソングということになるのでしょうか。
前二作と合わせ、「絶望と希望」三部作の完結編ともさせてください。
今の私の中の深いところにあるものが、あなたの生きた証です。
LIFE 10.10 それは言い訳かもしれない。自己満足かもしれない。
それでも私は誇ろう。“これが私の生きる姿だ”と。
Your wings 12.04 久々のスポーツ応援詞。
誰が何と言おうと、君の夢は君だけのもの。
誰が何と言おうと、君は君のままでいてほしい。
Independence Day 12.11 あのとき違う道を選んでいた自分を想像することもある。置き去りにしてきた幸せもきっとある。それでも選んだ道を全力で進んで、そこで見つけたものを大切にしようと思う。自分の選択に後悔はない。
ウタヒトヒラ 14.03 大事に思う人がいました。でも何かが気に入らず、反発してばかりいました。ものの考え方が全く違ったんだと思います。だから理解したくて、たくさん話をしましたが、結局よく解りませんでした。それなのにどこか人間臭くて憎めなくて、やっぱり大事でした。


MENUへ戻る